もう引き止めで苦しまない!スムーズな退職のコツ

職場に根付いた退職のルール、覆すには?

  • 「4月じゃないと病院が辞めさせてくれないらしい」
  • 「意向調査で退職の意思を伝えないと、その後で辞めたくなっても辞められない」

退職にまつわるそんな思い込みをしていませんか?

労働基準法では、「退職する2週間前までに退職の申し出が必要」とだけ定められており、「4月じゃないと辞められない」といった思い込みに法的な根拠はありません。

しかし、職場によっては、上記のような独自のルールが根付いているケースが少なくないようです。

ルールを覆し、辞めたい時期に辞めるために必要なのは、あなたの「辞めたい気持ちの強さ」。
そして、「スムーズに退職するためのちょっとしたコツ」です。

ここでは、知っていればきっと役に立つ「スムーズな退職のコツ」を、詳しく解説します。

退職理由の伝え方 2つのコツ+最後のトドメ

退職する際に引き止められ、なかなかスムーズに辞められない。
そんな経験がある方は、きっと少なくないのでは?

職場の人を納得させ、過度な引止めを防ぐためには、退職理由に本音と建前を織り交ぜるのがポイント。
以下、具体例を見ながら、3つのコツをおさえましょう。

「家庭の事情」+αで引き止めの余地を与えない

職場の人を特に納得させやすい退職理由は、ずばり結婚や出産、介護といった「家庭の事情」。
さらに、この「家庭の事情」にプラスして、

  • 「結婚して地方に転居するので、このまま働き続けることが難しい」

など、距離や時間的な問題で働けなくなると伝えることで、引き止めの可能性をより減らせるでしょう。

不平不満は厳禁!前向きな退職だとアピール

退職理由を伝える際は、

  • 「○○の分野でもっとスキルアップしたいから」

など、あくまで前向きな理由を伝えることがポイントです。
今の職場にどれだけ不満があっても、不平不満を言うのはなるべく避けましょう。

職場に残る側からすると、退職時に散々不満をぶちまけた人を、快く送り出す気にはなりづらいもの。
また、不満を述べた結果、「改善するから残ってくれ」と、引き止められる可能性も否めません。

最後のトドメに「転職先が既に決まっている」

「家庭の事情」「前向きな理由」で職場の人を納得させてもなお、「どうしても残ってほしい」と引き止められ、なかなか辞めることができない場合もあるかもしれません。

その時は、最後のトドメとして、

  • 「転職先が決まっていて、○月×日に入職予定です」

を伝えるのも一つの手です。

この理由が特に有効なのは、引き止めなどで、転職先への入職予定日までに退職できなさそうな場合。
入職予定日がずれると転職先に迷惑が掛かってしまうため、職場の人も折れる可能性が高いでしょう。

退職を伝える時期の死守ポイント

労働基準法には、退職を伝える時期について「退職する2週間前まで」と定められています。

しかし、できれば「退職の1~2か月前」までには、退職の意思を伝えておきたいところ。
スムーズに辞めるためには、最低でも「次月のシフトが出る前」までには伝えておきましょう。

シフトが出た後に退職意思を告げると、シフトの組み直しが発生し、職場に迷惑が掛かります。
あなたの代わりにシフトに入れる人がいない場合は、退職時期を引き延ばされる可能性も。

退職理由と退職時期のコツをおさえて、スムーズな退職を目指しましょう。


この記事につけられたタグ

ナース転職求人を知りたい方

こちらの記事もおすすめ