国内初承認、経口関節リウマチ治療薬「ゼルヤンツ錠」発売

関節リウマチ治療薬新発売、期待の「ゼルヤンツ錠5mg」

ファイザー株式会社と武田薬品工業株式会社は、7月30日にゼルヤンツ錠5mgを新しい薬品としてコ・プロモーションのもとに発売した。

ゼルヤンツ錠5mgの一般名は、トファシチニブクエン酸塩とされる。

日本リウマチ学会も推奨する

「ゼルヤンツ錠5mg」は、既存治療で効果が不十分と認められたケースの成人のリウマチ患者さんを対象とする。

また日本リウマチ学会のガイドラインにおいても推奨される。

そのガイドライン上では、メトトレキサートを週8mgを3ヵ月以上にわたり服用しても、疾患に起因する症状がある患者さんを対象として、「ゼルヤンツ錠5mg」を1日2回経口投与するとされる。

新しい「ゼルヤンツ錠5mg」とその効き目

ゼルヤンツは、ヤヌスキナーゼ阻害剤として、国内初承認を受けた経口関節リウマチ治療薬である。

ヤヌスキナーゼを細胞のシグナル伝達経路の妨げる物として、関節リウマチの炎症を「ゼルヤンツ錠5mg」で防いでいく。

また、産業医科大学第一内科講座の田中良哉教授のコメントがある。

  • 関節リウマチは、身体障害を伴う深刻な疾患です。既存の治療薬では十分な効果が得られない患者さんもおり、利便性の高い新たな薬剤の登場により、患者さんのQOLの向上につながることを期待しております。(武田薬品工業より)

(株式会社エスタイル)


この記事につけられたタグ

ナース転職求人を知りたい方

こちらの記事もおすすめ