保健師求人の探し方

希少な保健師求人、どう見つける?

日勤だけで働ける点や、看護師ほど業務量が多くないといったメリットゆえ、人気が高い保健師の仕事。

しかし、その人気の高さとは裏腹に求人数はきわめて少なく、運よく求人を見つけても、高い競争率をくぐり抜けるのは至難の業と言われています。

今回は、そんな希少な保健師求人をどうすれば見つかられるのか、そのポイントをレクチャーします。

ハローワーク・市区町村のHP

求人検索の手段として馴染み深いハローワークは、保健師の求人を見つける一つの方法です。

ハローワークは地域密着型の機関なので、あなたがお住まいの地域の求人を多く閲覧できます。
そのため、お近くの学校や保健センター、企業などでの保健師求人が見つかるかもしれません。

ハローワークのメリットは、地域密着型ゆえ地方の求人数も潤沢な点。
また、一定の要件を満たした上で、ハローワークからの転職を成功させると、再就職手当などの給付金が受け取れる可能性がある点も嬉しいですね。

ちなみに、保健センターなど行政機関で働く保健師の求人情報は、市区町村のホームページ等でも見ることができるようです。

人材紹介会社を活用

保健師の求人を見つける二つ目の方法は、人材紹介会社の活用です。
人材紹介会社に登録すると、あなたの転職を、専属のキャリアコンサルタントがサポートします。

彼らは、各職場の雰囲気や給与の詳細な内訳など、ハローワークの求人票にはなかなか載っていない内部情報を細かく把握しており、そうした情報を知ることで、就業後の姿をイメージしやすくなります。

また、内定を勝ち取るために、面接対策などのノウハウを伝授してもらえる点も心強いです。
ただし求人数が少ないことは否めないため、「求人があればラッキー」程度に考えておく方が無難かもしれません。

保健師だけにこだわりすぎないで

注意していただきたいのは、保健師求人はあくまでも希少求人であるということ。

保健師にこだわりすぎると、求人が見つからない、運よく見つかっても倍率が高くて内定できない・・・と、いつまでたっても仕事に就くことができない、という状況に陥りかねません。

日勤常勤で働ける看護師の求人も視野に入れるなど、保健師だけに固執しすぎないことをお薦めします。


この記事につけられたタグ

ナース転職求人を知りたい方

こちらの記事もおすすめ