オーストラリアに留学したい!2年目ナースの夢

英語力、再就職先・・・留学経験者に質問!

皆さんは、留学をしてみたい!と思ったこと、ありますか?
ナース人材バンクの姉妹サイト『ナース専科コミュニティ』の掲示板から今回ご紹介するのは、

  • 「外国の医療現場をみてみたい、自己の世界を広げ成長したいなどの理由からオーストラリアへ留学をしたいと考えています」

と語る、卒後2年目の投稿主さんからの質問です。
投稿主さんは、卒後3年間経験を積んだ後に留学を考えているようですが、やや不安がある様子。

  • 「卒後何年目でいくのが妥当でしょうか。帰国後再就職は大変ですか。今の英語レベルは初級だと思いますが、留学に向けてどの程度まで英語力を身につければよいでしょうか」

この質問に対して、留学経験のあるユーザーさんからアドバイスが寄せられました。

日本での経験は○年以上積むべき

まずは、投稿主さんが気にされている「卒後何年目で留学が妥当?」という質問へのアドバイスから。
イギリスに語学留学をされた経験がある方からは、

  • 「日本での経験は最低3年以上・・・というところでしょうか。戻ってきたあとの再就職のためもありますが、たとえばイギリスは経験3年以上から、イギリスの看護師資格にチャレンジする権利が得られます。ひとつの目安のようなものですね」

というご意見が。
留学前にある程度経験を積んでおくことで、帰国後の就職先もよりスムーズに決まりやすいようです。

英語力は初級レベルでOK?

次に、留学までに身に着けておきたい英語力についてのアドバイスを見ていきましょう。
上でご紹介したイギリスへの語学留学経験がある方のコメントからは、

  • 「英語力は日本で上げられるだけ上げておくことをお勧めします。初級レベルで3ヵ月語学留学しましたが、とても働けるほどの英語力にはなりませんでした。私だけでなく向こうで知り合った皆が、思いの外伸びないと感じたようです」

と、少々厳しい現実が伝わってきます。
余裕があれば、留学前に英語の勉強を少し頑張っておく方が賢明かもしれません。

外国人看護師の受け入れに積極的で、世界中から来たナースと交流できる点が魅力のオーストラリア。

  • 「オーストラリアは、中負担中福祉の国で、日本の医療福祉を振り返る上で、大変勉強になります」

という意見もありました。
「海外の医療現場で学び、自己の世界を広げたい」と夢を語る投稿主さんには、まさにピッタリの留学先ではないでしょうか?

↓掲示板をチェック!↓
(ナース専科コミュニティへの会員登録が必要です)

「看護師の留学」


この記事につけられたタグ

ナース転職求人を知りたい方

こちらの記事もおすすめ