~ナースの意外とおいしい働き先4選(後編)~

ブランク・スキル不足が不安なら【前編】

スキルアップなら【中小・専門病院、救急系】

勉強したい目的が明確な方は

学びたい診療科や目標が明確な方ほど、大規模な総合病院や大学病院に注目しがち。
やはり先進性や専門性の面で勝るのは確かですが、
一方で中小・専門病院の中に、知る人ぞ知る優良病院が
隠れている可能性も。
例えば業界では知らない人がいないあの先生が独立した、
某大学病院の名医がとある専門病院に引き抜かれた、
というケースは少なくなく、
先入観にとらわれず幅広く病院を見てみることで、
「大病院ではできなかった理想の医療を実現する!」という
大志を抱く病院に出会えるかもしれません。

まんべんなく勉強したい方は

逆に、幅広く色々な経験を積みたいなら、
総合病院や大学病院の「救命救急」「救急外来」「ICU」にも、
是非注目してみてください。
沢山の疾患の急性期を基礎からみっちり叩き込むことができますし、
臨機応変な行動力や判断力、コミュニケーション能力の習得は、
きっと後々あなたの財産になるはず。
人命救助の最前線という、非常に重い責任を背負うからこそ、
確かなやりがいも感じられる現場です。

日勤・給与・専門性にグッときたら【透析】

夜勤なしでも年収600万超!?転職でも有利

「幅広いスキルが身に付かない」と敬遠されがちな透析。
しかし、難しい血管への穿刺など、他では学ぶことのできない
専門的で高度な技術と知識を習得できます。
病院によっては「スキル手当」が付くところもあり、
夜勤がない職場としては比較的お給料が高めである点も魅力的です。
透析患者・透析クリニックの数が年々増えている一方で、
透析ができる看護師さんの数は決して多くはないのが現状。
そのため透析経験のある看護師さんのニーズは近い将来高くなることが予想され、
転職の際に有利な点も見逃せません。

患者さんに寄り添う看護がしたいなら

患者さんの日々の状態変化や生活習慣、人間性にまで深く関わることのできる
透析看護は、患者さんとの信頼関係を築きたい方にピッタリ。
少しの変化が大きな事故にもつながりかねない、緊張感のある業務だからこそ、
患者さんを観察する目も養われます。

イメージにとらわれない職場選びを

今まではあまり良いイメージを持てなかった職場に対して、
「なるほど、こういう側面もあるのか」「ちょっと調べてみようかな」
と少しでも感じていただけたでしょうか?
規模や認知度に固執するあまり、凝り固まった気持ちがほどけた時、
あなたの運命の職場が見つかるのかもしれません。


この記事につけられたタグ

ナース転職求人を知りたい方

こちらの記事もおすすめ