介護士との上手な付き合い方

介護士と円満な関係を築くコツ

長年病院で働いていた看護師が、介護施設に転職した際に難しいと感じること。
それは、「介護士との付き合い方」です。

介護士が大半を占める施設のような職場において、看護師は少数派。
資格や給料などの違いからすれ違いが発生など、病院とは違った人間関係の難しさがあります。

一見、解決が難しそうに思えるこの問題、実は、
いくつかのポイントを押さえることで劇的に改善することができるのです!

今回は、「介護士とのトラブルが絶えない」と悩む方へ、施設で働く上での人間関係のコツをご紹介します。
円満な関係を築いて、スタッフにとっても、利用者にとっても居心地のいい施設に変革していきましょう。

病院と介護施設の違いを理解する

介護士と上手く付き合うための第一のポイントは、【病院と介護施設の違い】をよく理解することです。
大まかな傾向として、両者の間には以下のような違いがあるようです。

病院は医療を提供する現場であるため、医師や看護師が中心となる現場になります。
一方で、介護施設は介護の提供がメインであるため、介護士が中心の現場となります。

そのため、介護施設では病院に比べて、介護士が現場の主力となる傾向があるようです。
看護師は介護士ができない部分を、ところどころで補っていくという役割に変わります。

提供するサービスの違いによって、現場の役割や立場に違いが生じるということ。
病院で働いていた時とは立場が変化する可能性があることを、まず理解しておきましょう。

介護士の仕事に関心を持つ

介護士との関係を円満にする第二のポイントは、【介護士の仕事に関心を持つ】ことです。

看護師の中には、「介護士よりも看護師の方が偉い」「介護士は信用できない」と考える人もいます。
これは当然、介護士にとって気持ちのいいものではなく、お互いの関係が悪化する要因になります。

こういった認識は、介護士に対する関心のなさに端を発していることが少なくありません。
看護師と介護士は全く別の職種。役割が違えば、得意分野も異なります。

看護師のプライドを振りかざした結果生じるのは、嫉妬やいがみ合いです。
相手の仕事を理解し、尊重する姿勢を忘れないでください。

チーム意識を持つ

介護士との信頼関係を築く第三のポイントは、【看護師と介護士は一つのチームである】と意識することです。

職種間で距離を置きすぎるとうまく連携ができず、仕事の効率も下がりがち。
手が空いた時は介護士をサポートする、情報共有を怠らないなど、少しでも協働する意識を持ちましょう。

介護士は肉体的な負担、看護師は医療行為のほか、雑用まで任され残業続き・・・とそれぞれ業務の辛さが違います。同じ職場で働く者同士、相互に支えることで負担を軽減していきたいものです。

看護師と介護士は、なかなか分かり合えない間柄だと言われます。
しかし、好き・嫌いという私情は「利用者の健康と快適な生活を守る」という共通の目標の達成を妨げます。

利用者にとっていい仕事をするためには、看護師と介護士の団結が不可欠。
そんな意識を、看護師から広めていきたいですね。


この記事につけられたタグ

ナース転職求人を知りたい方

こちらの記事もおすすめ