理由も告げられぬままオペ室へ人事異動・・・

自分がオペ室!?突然の異動に戸惑い

「のろまな自分に手術室の勤務が勤まるのかと不安になり、これからの事を思うと眠れそうにありません・・・」
ナース人材バンクの姉妹サイト「ナース専科コミュニティ」の掲示板から、今回は突然の人事異動に戸惑う投稿主さんのご相談を取り上げます。
主さんは看護師デビューしてまだ2年目。同期に比べてなかなか仕事を覚えられなかったそうですが、毎日の業務を一生懸命こなしていました。
そんなある日、所属長から突然「4月より手術室へ異動してもらう」と言い渡されます。
自分から希望を出した覚えは全くなく、まさに青天の霹靂だったと言う主さん。
「何も理由をつけず、ただ異動だと告げるのはアリなのでしょうか?」
「所属長に人事異動の理由を尋ねるべきでしょうか?
それとも、部長の決定という事なので直接部長の所へ行き、尋ねるべきでしょうか?」と、不安を抱えた主さんにユーザーの皆さんから沢山のコメントが寄せられました。

異動には突然がつきもの

多くの方がおっしゃっていたのは「人事異動はだいたいどこもそんなもの」ということ。

  • 「1ヶ月前の通知ですし、違法性もない。異動時理由を言って貰った人に私は出会ったことがありません」

と、異動の理由を聞くのも控えた方が良いというご意見が大半でした。
そうはいっても、「不要な人に自主退職を促す為に圧力をかけてわざとキツイ部署に異動させたのでは?」と疑心暗鬼気味になっている主さん。
しかし、

  • 「そんなことはないと思いますよ。もし、その人がへまをして患者さんに何かあったら、個人の問題でなく病院の問題になる」
  • 「使い物にならないナースをオペ室に異動とは考え難い」

など、抜擢されたのだと思うから自信をもって!というコメントが多数見られました。

手術室配属を誇りに思って

手術室配属を前向きにとらえてほしい、という主さんへの応援コメントはまだまだ続きます。

  • 「体験しておいて損はないと思います。次の異動が外科系だったら、どのようにオペがされているか理解出来ます」
  • 「オペ室勤務は、生活も規則的にできますし、私的な習い事やサークル活動もできます。わたしも25歳までにオペ室を経験していて良かったなと思っています」
  • 「手術室勤務も行ってみれば楽しいですよ。実際の体の中ってそうそう見られないので良い勉強になりました」

そして相談内容の文面からは不安さがにじみ出ていた主さんも、皆さんのコメントを受けて「異動になった事に誇りを持とうと思います」と、気持ちが前を向いたようです。
若いうちの苦労は買ってでもしろ、とはよく言ったもの。この経験が、主さんをナースとして、そして人間として成長させてくれることを願ってやみません。

↓掲示板をチェック♪↓
(ナース専科コミュニティへの会員登録が必要です)

「人事異動を言い渡されました。」


この記事につけられたタグ

ナース転職求人を知りたい方

こちらの記事もおすすめ