専門看護師になるにはどうすればいい?専門分野と資格取得の流れ

専門看護師になるにはどうすればいい?専門分野と資格取得の流れ

看護師としてキャリアアップ、スキルアップを考えるとき、「専門看護師」になることを思い浮かべるかもしれません。しかし、難易度の高さから資格取得を目指すべきか悩んでいる看護師さんもいることでしょう。今回は、専門看護師に憧れる方のために、専門看護師の役割や特徴、資格を取得するまでの流れについて解説します。

専門看護師ってどんなことをするの?

専門看護師を目指す方の多くは、看護に対する熱意と向上心を持ち、より深い専門性を身につけたいと考えているのではないでしょうか。あるいは、将来のキャリアアップのために資格取得を目指す方もいるでしょう。

どのような資格にも言えることですが、専門看護師の資格は取得して終わりではなく、『資格を活かしてどのような活動をするか』が重要です。まずは、専門看護師の役割と認定看護師との違いについて理解しておきましょう。

専門看護師の役割

専門看護師とは、「高水準の看護実践に必要な、卓越した知識と技術を持つ」と認められた看護師です。資格取得後は、専門分野における深い専門性を活かし、以下のような役割を果たすことが求められます。

  • 実践:看護問題を持つ人々(個人・家族・集団)に対する質の高い看護実践
  • 相談:看護・介護者などに対するコンサルテーション
  • 調整:円滑なケア提供のための、保健医療福祉に関わる人々の調整
  • 倫理調整:対象者の権利を守るため、倫理的解決を図る
  • 教育:ケアの向上を目的とした看護者に対する教育
  • 研究:専門知識や技術の向上・開発を目的とした研究活動

引用元:【日本看護協会】資格認定制度・専門看護師・認定看護師

このように、専門看護師は高い看護実践能力に加え、複数の専門家をつなげるコーディネーターとしての役割や、看護の発展につながる研究活動など、幅広い分野での活躍が期待されています。

認定看護師との違いは?

専門看護師に比べて短期間で資格を取得できるものに「認定看護師」があります。認定看護師と専門看護師では、役割や特徴にどのような違いがあるのでしょうか?それぞれの役割を比較してみましょう。

認定看護師

  • 特定の看護分野において、熟練した看護技術・知識を用いて水準の高い看護実践を行う。
  • 社会への看護ケアの広がりと、質の向上を図る。
専門看護師

  • 複雑で解決困難な看護問題を持つ人々に対し、高水準かつ効率的な看護ケアを提供する。
  • 保健医療福祉の発展に貢献し、看護学の向上を図る。

引用元:【日本看護協会】資格認定制度・専門看護師・認定看護師
https://nintei.nurse.or.jp/nursing/qualification/cns
https://nintei.nurse.or.jp/nursing/qualification/cn

それぞれの資格が「水準の高い看護ケア」を保証している点は共通していますが、認定看護師が「看護ケアの広がりと質の向上」を目的としているのに対し、専門看護師は「保健医療福祉の発展・看護学の向上」が目的です。

言い換えれば、認定看護師は「現場のプロフェッショナル」、専門看護師は社会や保健医療福祉全体を視野に入れた「看護学のプロフェッショナル」と言えるでしょう。

専門看護師の専門性はかなりハイレベルで、看護全体を俯瞰することのできる広い視野が求められるため、日本看護協会と日本看護系大学協議会が連携して運営を行っているのも特徴です。

専門看護師の分野にはどんなものがある?

現在、専門看護分野には13の分野があります。

がん看護 精神看護 地域看護
老人看護 小児看護 母性看護
慢性疾患看護 急性・重症患者看護 感染症看護
家族支援 在宅看護 遺伝看護
災害看護

認定看護分野が21分野(2020年度からは19分野)に細分化されているのに対し、専門看護分野は13分野です。

これは、専門看護師が特定の分野においてより広い視野で専門性を発揮し、社会や看護界全体に貢献することを意図しているからにほかなりません。

専門看護師資格を取得するまでの流れ

どのような資格も簡単に取得できるものではありませんが、専門看護師はさらにハードルの高い資格です。ここからは、専門看護師資格を取得するまでの流れについて見ていきましょう。

専門看護師になるための条件

看護師免許を持っていることを前提に、実務経験が通算5年以上(取得を希望する専門分野については3年以上)必要です。

専門看護師資格を取得するためには、日本看護系大学協議会の認定校で学び、所定の単位を取得した後、審査に合格する必要があります。

資格取得までの流れ

専門看護師の教育にあたるのは、看護系の大学院です。2020年4月現在では、全国に108校の専門看護師教育課程がありますが、いずれの大学院も定員が少なく狭き門となっています。

入学後は、大学院に2年間通学して学業や研究に専念するため、仕事を休職もしくは退職する決断が必要です。

キャリア支援の一環として、職場に在籍したまま通学を認めているところもありますが、そのようなサポート体制が整った職場はあまり多くありません。

専門看護師の教育期間でカリキュラムを履修した後、書類審査と筆記試験に合格すれば、晴れて専門看護師として登録されます。

資格取得後も5年ごとに更新が必要

専門看護師資格は、取得して終わりではありません。5年ごとに資格更新の審査を受け、「専門看護師として継続的に実践や研究活動を行っている」と認定される必要があります。

このような厳しい条件を設けている理由は、看護学の発展に貢献するための研究活動・自己研鑽を続けることで、専門分野における幅広い知識と技術の維持・向上が求められるためです。

専門看護師を目指す方にとって、資格取得はまだまだ道半ばです。資格取得後は、さらに上のステップを目指し「専門看護師になったその先の活動」を視野に入れておくと良いでしょう。

仕事との両立は大変!計画的に資格取得を目指そう

専門看護師資格の取得は、専門分野における実務経験に加え、大学院に2年間通学して講義や実習をこなす必要があります。

仕事と学業の両立はむずかしく、休職か退職を余儀なくされるなど経済的ハードルが高いのも事実です。

将来的に専門看護師を目指すのであれば、大学院の入学金・授業料に加え、休職期間中の生活費を貯金しておくなど、資格取得に向けて計画的に動く必要があるでしょう。

専門看護師は非常に難易度の高い資格ではありますが、理想の看護を実践するという目標や、将来的なキャリアアップにおいては必ず有利になる資格です。興味のある方は、ぜひ果敢にチャレンジしてみましょう。

■この記事を書いた人:遠藤愛(えんどうあい)
関東の病院で外科・内科・地域包括ケア病棟、地域連携室に勤務。
その後、介護施設、訪問看護に従事。看護学校での外科看護臨時講師の経験あり。

この記事につけられたタグ

ナース転職求人を知りたい方

こちらの記事もおすすめ