【ワークライフバランスで看護師の働き方改革を】

ハードワークなイメージ通り、看護師の仕事はとてもハード!夜勤もあって時間は不規則なうえに、休みも決まった曜日に休めるわけではなく不定期です。しかし近年は、そんな看護師の世界にも、『ワークライフバランス』という言葉が聞かれるようになりました。看護師の働き方について、考えてみましょう。

かつて「9K」と言われた看護師の仕事とは

過酷な労働環境を表現する言葉として、『3K』という言葉が使われていたことがあります。『3K』とは、『きつい・汚い・危険』の頭文字を取っています。しかし、看護師の働き方は、それを上まわる『9K』と言われていたのです。

「看護師の9K」

看護師の9Kとは、『きつい・汚い・危険・休暇が取れない・規則が厳しい・化粧が乗らない・薬に頼って生きている・婚期が遅い・給料が安い』です。現場で働いている人なら、「わかる!」と納得してしまうような内容になっているかと思います。

『白衣の天使』とも言われる看護師の仕事ですが、現実は「9K」と言われるような天使とは程遠い働き方です。想像以上に、看護師の仕事には過酷な面があります。精神的にも、体力的にもタフでなければ務まりません。看護師になって実際に働きだしてから、「こんなハズじゃなかった…」と思った人もいることでしょう。

今の看護師の現状は?

「ワークライフバランス」、「働き方改革」ということが言われるようになり、その実現に向けていろいろな試みを取り入れている企業が多くあります。看護師が属する医療業界でも「働き方改革」ということが言われています。しかし、看護師にワークライフバランスなんて取り入れられるの?という疑問もあるでしょう。

入院設備のある病院では、看護師は24時間365日働いています。患者さんの容体が急変すれば残業になることは当たり前で、看護師にとってのワークライフバランスっていったい何だろう、とよくわからなくなるかもしれません。「この働き方じゃ9Kから全く改善されていない!」と感じることもあると思います。

「夜勤はしたくない」「土日は休みたい」と言う看護師が増えている?

最近は、看護師のなかでも、夜勤のないところで働きたい、土日は休めるところがいいという声を聞くことが多くなったように感じます。夜勤は当たり前、盆も正月もないイメージの看護師の仕事ですが、そんな希望にかなった働き方は可能なのでしょうか。

看護師という仕事をあらためて考えてみる

休暇が取れないと言われている看護師ですが、休みが全くないわけではありません。勤務希望もまったく出せないわけではなく、職場によっては交替で長期休暇が取れるような仕組みがあるところもあります。それなのに、なぜ「休暇が取れない」というイメージがあるのでしょうか。

それは、やはり看護師以外の友人や家族と休みが合わないというところではないでしょうか。看護師の勤務はシフト制であることがほとんどです。土日祝日休み、固定の曜日が決まって休みである家族や友人たちとは勤務が合わないことが多いでしょう。

職場内の友人でも、部署が違えば休みを合わせることもできないわけではありませんが、部署内で同じ日に希望を出して何人も休むということは難しいです。そして夜勤もあるとなると、本当に不規則な勤務です。

自分に合った働き方を考えてみよう

人それぞれに事情は異なりますが、やはり夜勤なし、土日休みという働き方をしたいならば、それを叶えられる勤務先を探す必要があります。正社員は夜勤が必須でも、契約社員なら夜勤をしなくてもOKというように、勤務形態によって条件が違うこともあります。ほかには、病棟のないクリニックであれば、夜勤はなく、お盆休みやお正月休みもあるでしょう。

しかし、給料面から考えると、夜勤のある方が収入としては多くなります。人によっては、平日に休みが欲しいから、あえて土日は仕事でもいいと考えている人もいるでしょう。

希望する働き方は多様で、どれが正解ということはありません。ワークライフバランスとは、仕事と生活の調和が取れている状態を指す言葉で、人によってどの条件を優先するかは違ってきます。誰かにとってよい条件があなたにもいいとは限りません。

医療の向上のためには看護師はとても重要

日々進歩を遂げている医療の世界ですが、もちろんその中で看護師の役割は重要なものであり、それに対応していくためにもスキルを高めていくことはとても大切なことです。だからといって、プライベートを犠牲にして働くような働き方は、歓迎されるものではありません。

働き方改革で求められていることは、仕事もプライベートも充実していることです。看護師として誇りをもって働いてきたい、そのためにも、『9K』と言われるような働き方が当たり前ではなく、仕事もプライベートも満足できる生活が送れるような、働き方をしていきたいですよね。

看護師は確かに大変だけれどやりがいのある仕事!

大変な仕事のイメージがある看護師ですが、看護師に憧れをもつ人は多くいます。それは、資格があり安定して働ける仕事であるとともに、「大変だけどやりがいのある仕事」と認識されているからでしょう。

不規則な勤務形態も、考え方によっては魅力のある働き方と思えることもあります。もし、今の勤務条件に不満を感じているなら、自分に合った働き方とはどんなものなのか、じっくり考えてみてはいかがでしょうか。「なぜ看護師を目指したのか」という原点に戻ってみるのもいいかもしれません。あなたなりの、働き方を目指していきましょう。


この記事につけられたタグ

ナース転職求人を知りたい方

こちらの記事もおすすめ

  • 記事はありませんでした。