整形外科の看護師ってどんな仕事?

整形外科の看護師ってどんな仕事?

皆さんは整形外科看護師の仕事がどのようなものかご存じでしょうか?骨折した患者さんをケアするところ、働きやすさ、具体的な仕事内容、どんな人が向いているのか。今回の記事は、そんな整形外科看護師のお仕事についてご紹介します。

整形外科とはどのような職場か?

整形外科とは骨・靭帯・筋肉・関節などの運動器の治療をする診療科です。一般的に「骨折」を思い浮かべる方が多いかと思いますが、その他にも様々な疾患の治療を行う診療科であり、疾患に合わせた看護が必要となります。

整形外科ではどのような病気を診るのか

整形外科は「背骨と骨盤」といった体の土台となる骨と、その他四肢が治療対象となります。具体的には、背骨と脊髄を扱う「脊椎外科」、上肢を扱う「手の外科」と「肩関節外科」、下肢の「股関節外科」、「膝関節外科」と「足の外科」、スポーツによるけがや障害を扱う「スポーツ医学」と「リウマチ外科」、腫瘍を扱う「骨・軟部腫瘍外科」、骨粗鬆症などを扱う「骨代謝外来」などです。

医師の専門によって領域が分かれており、力を入れている部分は病院によって様々です。詳しくは、各病院のホームページなどに記載されています。

整形外科はどのような特徴がある職場?

整形外科の職場環境として、第一に患者さんの年代が幅広く回復が早いことが多い。第二に男性看護師が多いという2点が大きな特徴として挙げられます。交通事故による負傷やスポーツ中の骨折、歩行中の転倒など小さい子どもからお年寄りまで、幅広い年代層がお世話になる診療科であり、回復までが早い患者さんが多いという訳です。

また運動器の疾患のため、自分自身で体を動かすことができない患者さんが対象です。体位変換、移乗の介助といった力をつかう場面が多くなるため、他の診療科と比較し男性看護師が多い傾向にあります。

整形外科で働くメリットとしては、比較的元気な患者さんと回復過程を一緒に喜ぶことができること、人間関係がさっぱりしていることの2点が挙げられます。特に男性看護師が在籍することが多いため、女性だらけの職場よりも人間関係が中和されるというのは、皆さん何となく理解できるのではないでしょうか。

逆にデメリットとしては、力をつかう場面が多く体力に自信がない方は難しいかもしれないということです。体格の良い患者さんの体位変換や移乗などで、腰を痛めてしまう看護師も少なからずいることは事実です。加えて患者さんとゆっくり長くかかわりたいという思いがある方にとっては、入院から回復までの期間が短いという点はデメリットとなるかもしれません。

整形外科での看護師の役割と具体的な仕事

整形外科は基本的に急性期に分類され、手術を行う病院では創部やドレーン管理、フィジカルアセスメントといった周手術期管理における看護が求められます。また整形外科と切り離せないのがリハビリです。整形外科看護師は主にADL向上・拡大のためのリハビリ介助を行い、日常生活復帰を目指すサポートが重要となります。

基本的に求められる看護スキルは他診療科と共通ですが、整形外科でよく行われる専門的な手技として注射関連の業務があります。ギプス・弾包・コルセット・義肢装具・直達牽引・介達牽引といった固定や整復、腰や肩・膝へのブロック注射、膝の水(関節液)抜きなどがこれにあたります。

また見落とされがちですが、整形外科看護師の大切な役割として「精神的なケア」があります。交通事故などによる予想もしない入院や自分の意志では思うように動かせない体、場合によっては後遺症が残り障害と一生向き合っていかなければならないなど、精神的に落ち込む患者さんがいるのも事実です。ふとしたサインを見抜き、患者さんに寄り添った精神的なケアを行うことも看護師の重要な役割となります。

整形外科で働くにはどのような資格、経験が必要?適性は?

専門的でありながら、汎用性の高い看護が求められるのが整形外科看護師の特徴と言えるでしょう。整形外科に関連する認定資格としては、日本運動器看護学会認定運動器看護師(JSMNC)、健康運動看護師(スポーツナース)、回復期リハビリテーション看護師といったものがあります。整形外科で働くために、これらの資格保有は必須ではありませんが、持っていると重宝されると同時に、適切で高度な看護ケアを提供することができます。興味のある方は、取得を検討してもいいかもしれません。

整形外科の対象となる患者さんは子供からお年寄りまででと幅広い世代であり、回復までが早い傾向にあると述べました。患者さんの回復が目に見えて分かる診療科でもあるため、幅広い年代層とコミュニケーションをとることが好きな方、得意な方が向いているといえます。また比較的元気な患者さんが多く、スタッフも体育会系が多いことから、明るくはつらつとした方が向いているようです。

やりがいの多い整形外科看護師!整形外科看護師の扉を開いてみよう!

今回の記事では、整形外科看護師のお仕事について紹介しました。比較的身近な診療科であり、そのニーズは幅広くやりがいも大きいものです。興味のある方は、ぜひ整形外科看護師を選択肢の一つとして検討してみてはいかがでしょうか。

ナース転職求人を知りたい方

こちらの記事もおすすめ

  • 記事はありませんでした。