冬期うつ病の最もよい改善法は?

看護師なら知ってて当然? 健康常識テスト★

高齢者の認知症と間違われやすい病気に、冬季うつ病があります。
冬のあいだ、気持ちが落ち込んで、不活発になってしまうのです。

Q. 冬期うつ病の最もよい改善法はどれ?

(1) 朝、散歩に行く

(2) ひたすら家で休む

(3) ぬるめの風呂に入る

A. 正解は1番です!!

季節性のうつ病は、日光を浴びるだけで治ってしまうことがあります。
その仕組みは、網膜に入った光が神経を刺激して、神経伝達物質のセロトニンを増やすため。

現在では光療法を行う病院もあるほどです。
気持ちが落ち込んだり、頭がぼんやりしたときは、毎朝10分程度でもかまいませんから、日の光を浴びに外に出てみましょう。

【監修】
主婦の友インフォス情報社
『健康大事典』

『健康常識テスト』に掲載された各情報は、
株式会社主婦の友インフォス情報社が運営するケータイサイト
『健康大事典』による提供です。
掲載情報の著作権は提供元および各著作権者に帰属します。
また、一切の無断転載・転用を禁じます。
(※imode/EZweb/Yahoo!ケータイ対応の公式ケータイサイトです。)


この記事につけられたタグ

ナース転職求人を知りたい方

こちらの記事もおすすめ