痩せすぎで妊娠糖尿病のリスク

痩せていることと妊娠糖尿病の初の関係指摘

筑波大学水戸地域医療教育センター、谷内洋子博士研究員らが20歳の時の体型と妊娠糖尿病の関係についての論文を英糖尿病学会誌のオンライン版に発表した。

これによると20歳の時に痩せている女性が妊娠すると、妊娠糖尿病のリスクが高くなる。
これまで、肥満が妊娠糖尿病の原因となり得る点については多くの報告が寄せられていたが、痩せていることが妊娠糖尿病と関連するとの指摘は初。

BMI18以下では、妊娠糖尿病のリスク4.85倍

研究チームは、2008年から2010年に、糖尿病の既往歴がない妊娠初期の女性624名を対象に調査を行った。
このうち妊娠中期までに妊娠糖尿病を発症した28人の体重を分析した。
その結果20歳の時の体重がBMI18以下の「痩せている」に該当する女性では、BMIが18以上の女性に比べて妊娠糖尿病の発生率が4.85倍と高いことが確認された。

妊娠糖尿病は妊娠をきっかけに、インスリンの効率が落ち、インスリンの分泌量が増えずに高血糖になる状態。
早産、妊娠高血圧症候群や、胎児が大きくなりすぎるおそれがある。
痩せている女性では、栄養不足や筋肉量の低下などが原因で、高血糖になっていることがあるという。日本では痩せていることが美しいという風潮があるため、30代くらいまで痩せすぎの女性が多いという特徴がある。

今回の調査から、痩せすぎは妊娠糖尿病のリスクを高めることが明らかになったため、研究チームからは、痩せていれば美しいという価値観をもたらす社会そのものを見直す必要があるのではないかとの指摘もされている。

(ニュース提供:株式会社エスタイル)


この記事につけられたタグ

ナース転職求人を知りたい方

こちらの記事もおすすめ