看護師になるにはどうしたらいいの?


将来なりたい職業上位にランクインすることが多い、看護師という職業。看護師になるにはどうすればよいのか、看護師になるためのルートや、向き不向きがあるのかどうかなど、看護師についてざっくばらんにご紹介します。

看護師という仕事について

看護師は厚生労働大臣から免許を受けますが、そのために国家試験に合格する必要があります。看護師免許を受けると、ケガや病気の人の世話をしたり、療養のお手伝いをしたり、診療の補助を行ったりすることができます。

看護師は一生モノの国家資格

看護師の免許は国家資格ですから、1度資格を取得したら、出産や子育てで仕事を休むことになっても、資格が取り消されることはありません。急に引っ越さなければならなくなっても、新しい土地で仕事を見つけるのにそれほど苦労はしないものです。基本的に安定した給料が得られますし、社会的信頼も低くないでしょう。

看護師の活躍できる場所

看護師というと、病院で働くナースを想像する人が少なくないと思いますが、看護師の働く場所は病院だけではありません。超高齢社会に突入したこともあり、高齢者の入所施設やデイケア、自宅を訪問する訪問看護師として活躍する看護師も多くいます。

また、病気の予防に携わる仕事として、保健所や健診センター、学校や企業保健所や健診センター、学校や企業などでも活躍しています。他にも新しい医療機器や薬の発展に関わる仕事、自治体や民間の運営する難病や病気の電話相談といった、さまざまな場所で活躍ができ、看護師の仕事の幅はとても広いです。自分に合った働き方や仕事内容が見つけやすい職種ともいえるでしょう。

看護師になるために


ここまで看護師という仕事や活躍できる場所について述べてきました。ここからは、看護師の適性や看護師になるためのルートについて見ていきたいと思います。

看護師に向いているのはこんな人!

看護師の活躍する場はたくさんあるので、看護師に向いている人と一言で言い表すのは正直いうと難しいです。私自身が関わってきた看護師をみて、ステキだと思った人を思い出してみると次のような人になります。

  • 面倒見の良い人
  • 清潔な人
  • テキパキしている人
  • 社交的な人
  • いつも笑顔でいられる人
  • 世話好きな人
  • 子供が好きな人
  • おじいちゃん、おばあちゃんとのお話が上手な人

全てに当てはまる必要はありませんが、どれか自信がある項目があれば、ステキな看護師になれる可能性は高いと思いますよ。

看護師になるためのルート

看護師になるためには、看護師主なものは次の4つです。

  1. 大学
  2. 短大
  3. 専門学校
  4. 准看護師

■大学
大学で4年間学んだ場合は、看護師資格以外に保健師か助産師の国家試験を受けるための受験資格を得ることもできます。キャリアアップや転職に有利になるのは大学を卒業することですが、入学試験もハードですし、経済的負担も大きくなります。

■短大
3年制の医療系の短大に通って看護師の勉強をする人もいます。まずは短大に進み、のちに大学に編入する人もいます。入試の内容は短大によって異なります。

■専門学校
授業料の支払いが負担であるという人は、専門学校の用意する奨学金制度を利用するのも方法です。指定された病院で一定期間看護師として仕事をすることで、学費が免除されるという制度を取り入れている学校もあります。

多くの学校は入学試験が必要ですが、試験内容は学校によって大きく異なります。基本的に理数系ですが、大学入試を目指す人は入試に備えた勉強や、社会の勉強をしなければいけません。偏った勉強ではなく、まんべんなく勉強しておくほうが、道はひろがります。まずは、興味のある学校の資料を請求することから始めてみてはいかがでしょうか。

以上の3つは高卒の人のためのルートになりますが、中卒でも看護師になることができます。中卒でも資格を取ることができる准看護師を経由することです。

■准看護師
中学卒業をしていれば、2年の就学で准看護師の試験を受けることができます。合格率は看護師よりも高く、試験も年間に複数回受けることができるので、ハードルは低くなります。費用も看護師の学校へ行くよりも少なくて済みます。働きながら資格を取得する人も少なくないので、夜間学校があったり、自分のスタイルで勉強することも難しくありません。そうして、まずは准看護師として働きながら、キャリアアップで看護師を目指す人も少なくありません。

看護師は自分の状況に合った道で資格取得を目指せる職業

看護師というと病院で働く看護師をイメージする人が多いかもしれませんが、実はいろいろな場所で活躍しています。看護師資格は全国どこででも通用するので、自分のライフスタイルに合わせた働き方も難しくありません。看護師になる道もさまざまなので、自分の状況にあったルートで、将来にわたり活躍できる医療のプロを目指していただきたいと思います。


この記事につけられたタグ

ナース転職求人を知りたい方

こちらの記事もおすすめ