キャリアパートナー紹介

キャリアパートナー紹介 湯川 博文(ユカワヒロフミ)

医療事業本部 ナース人材紹介事業部

湯川 博文 (ユカワヒロフミ)

自己紹介

こんにちは!キャリアパートナーの湯川博文(ゆかわひろふみ)と申します。
前職は大手人材サービス企業にて、学生・社会人の方々の就職を支援しておりました。

医療業界には関わりがありませんでしたが、子供(娘)が生まれた事により、病院へ行く機会も増え、医療分野に興味を持ち、看護師の方々のご支援をするようになりました。

また、仕事をする中で、病院や施設で働く看護師の方々も多くの悩みや課題を抱えている現状を目の当たりにし、「皆さんがイキイキと働ける支援をしたい!」という気持ちのもと、行動しています。

趣味はバーベキューとカラオケでして、夏になるとバーベキュー大会をよく開催しています。また、カラオケは大学生時代にアルバイトをしており、その頃から歌う事が好きになりました。

現在、厚生労働省指定・キャリアカウンセラー資格も所有していますので、この経験を生かしながら、誠心誠意お役に立てるようサポート致します。

仕事で心掛けていること

私が心がけている事は、「相手の気持ちになって話を聞く事」です。
多くの求職者の方々と関わってきましたが、仕事とは多くの時間と共にするパートナーのようなものです。
特に、看護師の方々の仕事は、人の命を預かる仕事であり、悩みも大きいものだと実感しています。
また、その悩みは転職をする事で解決するケースも多くあります。

その中で、看護師の方々の気持ちを少しでも理解しながら、客観的な情報もご提供させて頂き、より良い自己決定が出来るようにサポートするのが、キャリアパートナーとしての役目だと思っています。

皆様から信頼を頂けるプロのキャリアパートナーとなれますよう、日々精進したいと考えています。

印象深かったエピソード

印象深かったエピソードは初めてお会いした看護師さんのお話です。
その方は50代の看護師さんになり若干ブランクがあることから医療現場に復帰する事に対して不安がありましたが、資格を生かしてもう一度医療現場で貢献したいという強いお考えをお持ちの方でした。
年齢がかなり高齢ということもあり中々お考えにあう病院がありませんでしたが、ある病院から面接をしてみてみたいという連絡を頂き面接になり、内定を頂きました。
入職後、この方から電話を頂き、入職までは不安でいっぱいでしたが、私の考えにあった病院を紹介してくれてありがとう、楽しく仕事してます。と言ってもらいすごく嬉しくて印象に残っております。

仕事のやりがい(情熱)

仕事のやりがいは、やはり転職という人生において非常に重要な時期のお手伝いができるという事だと思います。
転職する時は私自身も同じですが、不安や期待など様々な感情がでてきて精神的に非常に大変な時期だと思います。
そのような時に転職サポートのプロとして看護師さんの考えを教えて頂き、一緒に考えをまとめていき、その方にあった最高の転職先を提案したいと思っております。
そして入職された看護師さんから転職して良かったよ、ありがとうと言って頂ける様なプロとしての仕事をしたいです。