看護師の履歴書&職務経歴書の書き方・見本

⇒看護師採用ご担当者様へ

お電話でのご登録は0120-515-269(携帯・PHSからもご利用になれます) 受付時間(平日)9:00~20:00(土日祝)9:00~18:00
履歴書&職務経歴書の書き方

看護師さんのための履歴書・職務経歴書の書き方

履歴書・職務経歴書の作成もキャリアコンサルタントがサポートします。無料転職サポートに申し込む

履歴書の見本・書き方

転職活動は、「自分を高く売り込む」ための心理戦!そのための資料は、自分のPR紙でもあります。専門性、学習意欲、向上心、経験の長さなど、自分の強みを強調して、うまくアピールするようにしましょう。

1.日付

提出する場合…提出当日日付
持参する場合…当日の日付
郵送する場合…投函した日付を記入します。
履歴書

2.氏名

氏名の読み方に(ふりがな)とある場合…ひらがなで記入します。
氏名の読み方に(フリガナ)とある場合…カタカナで記入します。

3.生年月日

数字は算用数字を用います。

4.印鑑

インスタントの印鑑は使用せず、朱肉を使用し、にじまない様に、捺印した後はやわらかいティッシュなどで押さえておくと良いでしょう。

5.写真

3ヶ月以内に撮影した写真を使用します。
服装はスーツやジャケットを着用するのが良いでしょう。
表情は歯を見せない程度の自然な表情が好印象を与えます。

6.住所

都道府県名から書きます。
マンションやアパートなどは省略せず、建物名と部屋番号まで記します。

7.学歴

1行目に学歴と記し、2行目から学歴を書きます。
小中学校は卒業年次のみを記入します。
高校以降は、入学・卒業年次ともに書くのが一般的です。
学校名・学部・学科は省略せずに書きましょう。

8.職歴

正職員・正社員以外での勤務だった場合は、「契約社員として入社」などと書いて雇用形態を明らかにしましょう。
病院や施設名だけではなく、「●●科€病棟勤務」など、所属部署や科も明記すると良いでしょう。
現在も在職中の場合は「現在に至る」退職した場合は「一身上の都合により退職」と記入します。

9.免許・資格

資格を取得した順に正式名称で記入します。
取得した免許・資格は仕事に直接関係するかどうかは関係なく、すべて記入します。

10.志望動機

履歴書の中で最も重要な項目です。
看護師になろうと思ったきっかけや、
志望先でやりたい事など、内容を簡潔にまとめて書きましょう。

11.特技・趣味

私生活が充実しているほうが印象が良いので、できる限り埋めるようにしましょう。

12.本人希望記入欄

希望する科でやりたい看護などをより具体的に書き、自己PRするのも良いでしょう。
履歴書の書き方のキホン
  • ■自分に合った書きやすい履歴書を選びましょう
  • ■記入は黒のボールペンを使用
  • ■間違えても修正液は使用せず、新しい用紙で書きなおす
  • ■文章は簡潔に丁寧な字で書く
  • ■空欄を作らないよう、全ての項目を記入する
  • ■必ず、提出前にコピーをとっておく
  • ■誤字・脱字がないように必ず見直しをする

職務経歴書の見本・書き方

職務経歴書は、履歴書とともに応募病院に対してのあなたの最初のプレゼンテーションツールになります。履歴書だけでは伝えきれない、キャリアの具体的な内容や成果を詳細に伝えることで、業務知識や能力をアピールすることができます。客観的視点を忘れずに、職務経歴書を見る人の視点に立って作りましょう。できれば、転職に成功した人に見てもらうとよいでしょう。

職務経歴書

1.書式

パソコンなどで作成します枚数はA4サイズ1~2枚程度が基本です。

2.氏名

氏名の署名は手書きで書きましょう。

3.法人名

勤務先の規模を明記しましょう。病院の場合…診療科目や病床数、職員数を書きましょう。
企業の場合…事業内容・資本金・売上・従業員数を書きましょう。

4.職務内容・実績

担当者が職務経歴書に目を通す時間は短時間です。
「見やすさ・分かりやすさ」を重視して、簡潔に箇条書きで書きましょう。

職務内容・経験した病棟名・実績などはと具体的に書き、仕事内容を一覧にすると良いでしょう。
看護業務以外の仕事内容も自己PRとして大切な項目ですので、必ず記入するようにしましょう。

5.自己PR

自分の能力や仕事に対する姿勢など今まで心掛けてきた事や今後、何をしていきたいのかなど、意欲や方向性など自身についてPRしましょう。
職務経歴書の書き方のキホン
  • ■「私」「僕」などは書かない
  • ■個条書きにする
  • ■行頭や行末をそろえる
  • ■記入は黒のボールペンを使用
  • ■間違えても修正液は使用しない
  • ■必ず、提出前にコピーをとっておく
  • ■誤字・脱字がないように必ず見直しをする
このページのTOPに戻る